大規模修繕工事からは逃れられない|安全な暮らしを守る

模型
工事現場

マンションの老巧化

マンションの大規模修繕を業者に依頼するときは、質問したときに専門用語を使い過ぎないところを選びましょう。また、東京の業者では、入居者の生活を妨げずに作業ができるノウハウを持った業者もあります。

建物のメンテナンスと業者

建設現場

大規模修繕計画と業者選定

大規模修繕工事はマンションなどの建物の維持や管理には欠かせない重要な工事です。そしてそのような重要な工事では実際に施工にあたる業者選びが大切になってきます。大規模修繕工事の業者を選ぶ場合にはいくつかの大切なポイントがあります。そのポイントは主に3点に分けることができます。そのポイントとは業者の実績、信頼性、さらに業者の担当者の人柄や対応力です。まず業者の実績としてチェックすべきポイントとしては、大規模修繕工事の対象となるマンションの同じ規模や特長をもったマンションの工事をどれくらい施工してきたのかという点です。マンションの規模や特徴は様々ですので、それぞれにあった工事の経験やノウハウがあるかどうかは大切なポイントになってきます。これは例えば、20戸数しかないマンションと300戸数を超えるタワーマンションでは必要なノウハウや技術は大きく異なります。自分のマンションに合った業者選定が満足のいく工事には重要になってきます。次に大切なポイントとしては、業者の信頼性です。これは健全な経営状態にあり、倒産リスクが低い業者に依頼したほうが、工事の途中でトラブルになるリスクを減らせるからです。業者の経営状態などについては帝国データバンクなどで事前に調べる方法があります。さらにアフターケアがしっかりしている業者かどうかも信頼性を見極めるポイントになります。工事は完了したらそれで終わりではなく、工事後の定期的な瑕疵点検と保証工事の有無が大切になります。さらに円滑な大規模修繕工事のためにも業者の担当者の人柄や対応力が大切です。工事中は居住者の協力がなければ円滑に進みません。そのためにも居住者とのコミュニケーション能力に長け、良好な関係が築ける現場監督がいる業者を選定するようにします。

マンション

長い期間安全に暮らすには

マンション大規模修繕を行うタイミングは、一般的に、築後10年から12年に一回目、築後24年から30年に二回目、36年から45年に三回目とされます。定期的な大規模修繕を行うことで、長い期間を安全に暮らすことができます。

男女

マンションの修繕工事

マンションの大規模修繕を行うときには、工事を行うための体制を整える事から始め、その後に建物の調査をします。大規模修繕を依頼する業者の選定では、複数の業者から見積もりを取り、見積もりの内容を比較して依頼する業者を決定します。