大規模修繕工事からは逃れられない|安全な暮らしを守る

男性

マンションの修繕工事

男女

修繕を行うときの流れ

マンションのメンテナンスは、長期的な計画のもとで大規模修繕を行う事になるため、スムーズに工事を行うには流れを知っておくことが大切です。マンションの大規模修繕を行うときには、まず修繕計画の目安をつけるために、修繕委員会を立ち上げて修繕するための体制を作ります。大規模修繕を行うための体制が整ったら、マンションの現状を把握するために、専門業者に依頼して建物の診断を行います。建物の診断を終えたらその結果に応じて、修繕する場所や範囲など、大規模修繕を行うための具体的な検討に入ります。またこのタイミングで修繕に必要になる費用の見積もりを取り、予算に合わせて工事を依頼する場所の優先順位を決めます。業者を選定するときには、複数の業者から同じ仕様で見積もりを取る必要があるため、実施する工事の設計図面を作成します。大規模修繕を行ってもらう業者を選ぶときには、見積もりの費用を比較するだけでなく、工事の工法や使用する材料に注目します。見積もりの内容が明確でない業者は、工事を行うときにトラブルになる可能性があるため、依頼するのは避けます。業者が決定したら工事の準備として、マンションの居住者に工事期間中の影響を説明します。工事期間中は追加工事が発生する事があるため、定期的に定例会議を開いて、必要に応じて工事の監理を行います。全ての工事が終わったら仕上がりに問題がないかチェックして、問題がなければ引き渡しとなります。